~バンドを崩壊させる方法10選~

はい

ちょうどここ最近組んでいたバンドが崩壊してしまったため、生きた文章が書けるのでは無いかと思ってブログを書いております。。。笑

これからバンド活動を始める方々の参考になれば幸いです

それではスタート!!

『音楽性の違い』

やっぱりまずはコレよね

めっちゃ聞くやつね

実際は金銭的な都合が多いとか言いますけどどーなんでしょうか?笑

ただこれも根本的なやつですけど本当に良くあります

性質が悪いのが“似てそうで似てないやつ”

例えば一口に”メタラー”と言っても様々で

メタラー同士仲良くやりましょー!!とか言っても中身はディズニーランドと富士急くらい離れてたりする訳です。

なんていうか知らない人から見たら同じようなものでも当人から見たら全く違ったりするんです

逆に全く違うジャンルをやっている人達でも凄く気が合ったりすることはあるので、そういうところを攻めると良いのではないでしょうか?

『スタンスに差がある』

これも割りと良くある例だと思います

結構多いのがサポート系とアーティスト系の人がごっちゃになっているやつ

まぁミュージシャンってアーティスト成分7割でサポート成分3割みたいな感じでどっちの要素も持ってるのが大半だと思うんですけど

全員が完全サポート系だと何も進まなくなって、完全アーティスト系だとショットガンみたいに分散します

あとサポート系ミュージシャンって割りと浮気しまくるので(笑)、バンド1本でやっていこう!っていう人たちの中にそういう人が居るとやっぱりちょっと上手く行かなかったりします

あと根本的に音楽を仕事にする気が無い人と完全バキバキプロ志向の人とか

とにかくどんなスタンスでバンドをやるのかは最初に決めた方が良いと思います。

まぁ最初に決めても変わったりするんですけどね。。。笑

『主導権が曖昧』

はい

所謂”リーダー不在”の状態です

厳密に言えば”リーダーは存在するが、フワッとしている”状態です。

まぁみんなの意見を取り入れたいみたいなとこから始まるんでしょうけどあんまりオススメしません

なんていうか全体的に誰に従えば良いのか分からなくなったり何をすれば良いのか分からなくなります

割とカオスです

個人的にバンドはワンマン経営の方が上手く行くと思ってますので、圧倒的にやりたいことが明確だったり良い曲を書けたり、そういうものがある人をリーダーにするのが良いのではないかと。

無い場合?

ハハッ

『技術に差がある』

はい

これも割りと根本的なやつですよね

やっぱり上手い人たちって上手い人と演奏したくなる生き物なんです

こればっかりはしょうがないですね

ただ”下手でも良いモノを持っている”場合とかってあるので(センスだったり声だったり)

そういう人たちを組み合わせると割りと上手く行くんじゃないかなーと勝手に思ってます

技術レベルに満足いかなくなってしまったら、やっぱり離れ時なのかなー?

『人間性』

これもめっちゃ良くあるやつですね

音楽性の違いとかって結局は人間性の違いでもあると思うんです

人間性っていうのか分からないけど時間とか連絡とかがルーズな人とストイックな人はやっぱりどこかで衝突すると思います

それでも存続できるのは他に補える何かがある場合ですかね

なかなか難しそう・・・

『性別』

これは。。。

まぁ。。。

ね。。。

地獄なのが男2女1のスリーピースバンドで片方が付き合ってたりとか

まぁ

人間だもの

『音を合わせない』

割と真面目なやつ

最近はネットでのやりとりも容易になって、在宅で曲を作ったりアレンジが完結したりする時代だと思ってます。
(実際に僕もネットを使ってギターを弾いたりバンドを組んだりしてます)

ただこれにもレベルがありまして

やっぱりスタジオとかで”実際に音を合わせたほうが良い場合が多い”気がします

生のフィーリングって大事で、DTMで起きてる事とは全く違うことが起きたりします。

あと人に会わないでラインとかでばっかり連絡取り合ってると段々と”終わりに向かっていきます”。笑

人はひとりでは生きていけない

『なんかもうとにかくライブしまくる』

これ

これ

ライブをやると凄く”活動してる感”は出るんですけど

大してお客さんが居ない状態でやりまくっても基本的にバンド活動が消耗します
(出演するのにもチケットノルマ等でお金がかかる場合がほとんど)

人気が出てきたら沢山やれば良いんじゃないでしょうか?

『まったくライブしない』

逆にこれ

これも良くないと思います

僕は結構このパターンに入ってから終焉を迎えてます。

準備が万端になってからライブをしよう!ってなって頑張って、準備が万端になる前に崩壊します。

やっぱりある程度の”直近の目標”みたいなものって大切だと思います。

人間って締め切りみたいなものがないと動かなかったりするんですよね

夏休みの宿題理論

『金銭感覚』

最後コレかよ!

思いつかなかったんだよ!

でもこれかなり重要です

”打ち上げの飲み屋でかかる値段”とかそんな程度のものでだんだんと亀裂が入っていきます。

ちなみに筆者的には鳥貴族くらいがちょうどいいです

 

とまぁザックリ10個書いてみました

参考になりましたでしょうか?

”結局のところバンドって運なんじゃねぇの?”とか思っちゃいましたかね?

僕も思ってます(真顔)

今回はバンドが売れる方法って言うわけじゃないので、例えばボーカルが良いとか容姿が良いとかそういうものは除外してます。

あぁいうのはまぁレアガチャでSSレアを引くようなものなので。笑

別に売れなくたってやれば良いんじゃないの?っていうのが僕のバンドに対する考えです

何歳になったって始めて良いものだと思います

個人的には幼馴染同士でやってるバンドには憧れますね

なんか色々なものを超越した良さがあると思ってます

まぁまた

僕も良いバンドが組めたら良いですねぇ(白目)

ここまで読んで下さってありがとうございました。

それでは!!